学科紹介

理学療法学科について

臨床チームの即戦力となる知識・技術・人間性を総合的に学習

学内では臨床経験の豊富な講師による指導のもと実践重視の授業を展開。
講義と実習を効果的に組み合わせるカリキュラムで臨床スキルの高いスペシャリストを育てます。
生徒と教員の距離が近く、授業も実習も分かりやすいので、身に付くまでしっかりと学ぶことができます。

理学療法評価額

理学療法の第一歩が「評価」。
治療前後に患者さまの身体の状態を測定し、比較検討する方法を学び、効果的な治療計画に役立てます。

日常生活活動

身体に障害を持った患者さまが寝返りや起き上がり、立つ、歩くという動作を再獲得する手助けをします。

運動療法学

教科書やスライドによる講義だけでなく、様々な機器を使い筋力やバランスを測定する実習も行います。

運動学

ヒトの関節がどう動くのか、精巧に作られた骨の模型を使って勉強します。

解剖学

骨格、筋肉、神経など人間の身体の構造を学びます。
標本を用いて学習した後には、実際のヒトの体で確認します。

理学療法評価額

電気、熱、水、光などを利用した治療機器、マッサージなどによって、筋肉や神経に刺激を与え、運動機能の回復や痛みの緩和、リラクセーションを図る治療方法を学びます。

▲ページトップへ

一部(昼間部)

3年制、定員40名

授業は月曜日から土曜日(土曜日は原則午前中のみ)に1日4コマ(1コマ90分)で行っています。
1限目(9:30~11:00)、2限目(11:10~12:40)、3限目(13:30~15:00)、4限目(15:10~16:40)

カリキュラム

1年
基礎分野 心理学、人間関係学、教育社会学、社会福祉学、生体工学、統計学・情報科学、
保健体育、公衆衛生学、英語、医学英語
専門基礎分野 解剖学、機能解剖学、生理学、運動学、人間発達学、病理学概論、
医学概論・一般臨床医学、リハビリテーション概論、保健医療福祉制度論
専門分野 理学療法概論、検査・測定法、運動療法学、物理療法学、日常生活活動、臨床実習
2年
専門基礎分野 臨床心理学、医学概論・一般臨床医学、内科学・老年学、整形外科学、
神経内科学・脳外科学、精神医学、小児科学、リハビリテーション医学
専門分野 理学療法概論、病態運動学、理学療法評価、検査・測定法、運動療法学、
物理療法学、義肢装具学、日常生活活動、臨床理学療法、地域理学療法、
生活環境論、臨床実習
3年
専門分野 運動療法学、日常生活活動、臨床理学療法、生活環境論、臨床実習

二部(夜間部)

4年制、定員40名

授業は月曜日から金曜日に1日2コマ(1コマ90分)で行っています。
1限目(17:30~19:00)、2限目(19:10~20:40) ※ただし、4年次は昼間部と同じ時間帯になります。

カリキュラム

1年
基礎分野 心理学、教育社会学、生体工学、統計学・情報科学、保健体育、英語、医学英語
専門基礎分野 解剖学、機能解剖学、生理学、運動学、人間発達学、医学概論・一般臨床医学、
リハビリテーション概論
専門分野 理学療法概論
2年
基礎分野 社会福祉学、公衆衛生学、医学英語
専門基礎分野 機能解剖学、運動学、病理学概論、臨床心理学、医学概論・一般臨床医学、
内科学・老年学、整形外科学、神経内科学・脳外科学、精神医学、小児科学、
保健医療福祉制度論
専門分野 理学療法概論、理学療法評価、検査・測定法、運動療法学、物理療法学、
義肢装具学
3年
専門基礎分野 人間関係学、リハビリテーション医学
専門分野 病態運動学、検査・測定法、運動療法学、物理療法学、義肢装具学、
日常生活活動、臨床理学療法、地域理学療法、生活環境論、臨床実習
4年
専門基礎分野 リハビリテーション医学
専門分野 運動療法学、日常生活活動、臨床理学療法、生活環境論、臨床実習

▲ページトップへ

設備

普段の授業のまとめや学術活動のときのデータ管理をするときに、図書室やパソコン室を利用します。
歴史があるので、古くからの医学雑誌を製本したものが豊富に揃っています。

教員からの学科紹介

現場で求められる実践的教育が、最大の特徴

教務主任 村上忠洋

当校は医療法人珪山会の先代の理事長である鵜飼昌訓先生(外科医)が、病院など医療現場で必要とされている理学療法士を育成するため、設立した理学療法士養成校です。
このため当校の母体は病院を中心とした珪山会グループであり、この設立当初の精神を大切にしながら、32年間もの間、その伝統を受け継いできました。
理学療法士養成の専門学校である当校は、「理学療法」という学問を単に習得する場ではなく、「理学療法」という学問を身につけた専門家、すなわち「理学療法士」に成長していくための場であります。ここでは、専門的な知識や技術を習うだけではなく、習った知識や技術を、障害を持って生活に困っておられる方々に、適切に役立てることが重要になります。当校ではこの役立つ知識や技術をいかに修得するかに重きを置いています。
このためには、「いつでも最良の技術を持って奉仕するぞという心意気を育てること」、「障害を持った方々や一緒に治療に携わるスタッフから信頼される医療人としての自覚を芽生えさせること」が大切であると考え、日々、教育に取り組んでおります。
こうした専門学校ならではの医療現場で求められる実践的教育が、当校の最大の特徴であります。
専任教員はすべて理学療法士です。高い志を持って、われわれの支援を求める方々のため、一緒に努力できる方を心よりお待ちしております。

▲ページトップへ