学科紹介

在校生・卒業生の声

在校生の声

信頼できる仲間と充実した学校生活を送っています!

一部(昼間部)水澤 舞

中部リハビリテーション専門学校で学ぼう、
また理学療法士の勉強をしようと思ったきっかけ

曾祖母がリハビリをしていて、理学療法士を知りました。
そして私も病気やケガで身体が不自由な患者さんに対して、基本的動作能力の獲得のサポートをしたいと思い志望しました。
中部リハビリテーション専門学校を選んだのは、部活動に中部リハを卒業した先輩がいたことと、伝統があり、国家試験の合格率が高いという点です。

現在の生活スタイルや学校生活など

2年生になってから、実技の授業が増えて楽しいです。
テスト前は学校に残って勉強をしています。
分からないことはクラスメイトに聞いたり、一緒に考えたりしています。

これから入学を考えている学生の人達へのメッセージ

勉強は大変ですが、理解するとおもしろいし、もっと知りたい!と思える科目が多いと思います。
行事が多いのでクラス内だけでなく学年をこえて交流を深めれるところが良いと思います。
年齢層の幅が広く、社会人経験のあるクラスメイトとの会話は自分にとって良い刺激になります。

信頼できる仲間と充実した学校生活を送っています!

二部(夜間部) 渡邊 大輔

中部リハビリテーション専門学校で学ぼう、
また理学療法士の勉強をしようと思ったきっかけ

高校を卒業してからは海上運送業の現業職として3年間現場で働いた後に転職し、入学するまではフィットネスインストラクターとして働いていました。高校時代に運動部に所属していた為、理学療法士という職業は以前から知っていましたし、憧れていました。経済的な理由から諦めていた部分がありましたが、夢を捨てきれずいた頃に働きながら学べる夜間の理学療法士養成校の存在を知りました。その中でも伝統と実績のある中リハに魅力を感じ、迷わず入学を決めました。

現在の生活スタイルや学校生活など

現在は縁あって学校に外来教師として授業も教えて頂いている理学療法士の方の下でリハビリ助手として働いています。夜間部の授業は1日に2コマだけとはいえ、終了は21時近くになり、時には22時まで残って勉強や学校行事の準備を行うこともしばしばあります。働きながら学ぶ毎日は辛く感じることもありますが、同じく働きながら学んでいるクラスメイトの存在は非常に心強く、皆で支え合って日々を頑張っています。学年を重ねる毎にクラスメイトとの絆が深まるのが感じられ、充実した学校生活を送っています。

これから入学を考えている学生の人達へのメッセージ

夜間部は学校にいる時間が比較的短い為、学生間の仲が希薄になりがちなイメージですが、実際はとても親交が深いです。年間を通じて昼間と合同で行うスポーツ交流会や体育祭といった多様な学校行事があり、その際にはまさに一枚岩という団結力で取り組み、良い思い出となります。授業内容は難しいと感じることもたくさんありますが、教員の方々はとても熱心にわかりやすく指導して下さるうえ、わからないことがあっても質問に伺えばその場でわかるまで教えて頂けます。
夜間部の学生は年齢や経歴も非常に様々で、社会人を経験してから改めて理学療法士を目指している学生もたくさんいます。決して楽な道だとは思いませんが、高い志があれば乗り越えられると思います。
学習面はもちろんですが、人として成長できる環境がここにはあります。夜間部の養成校に興味がある方は是非一度足を運んで頂いて、中リハの活気ある雰囲気を感じて頂きたいと思います。

▲ページトップへ

卒業生の声

集中できる実習環境は、伝統校ならでは

一部(昼間部)23期生 中谷務さん

「障害をもった方が再び自宅に戻るためのサポートがしたい」

という想いで理学療法士を目指し、中部リハに入学しました。

働き始めて思うことは、対象者や疾患により実に様々な障害像

があるということです。その様々な障害像と向き合うためには、

生活背景を把握することはもちろんですが、やはり専門家

として疾患を理解し実践に繋げることが重要だと思います。

その意味でも学校で行なった「実習」の意義は大きいです。

中部リハには歴史があるため実習施設が充実して、実習先の

現場に必ず卒業生がいたということで緊張の中にも少し安心感

が生まれ、それが助けになりました。実習で様々な施設・

疾患を経験したことは今の現場でも確実に活きています。

日中の職場で得た経験は、夜間部ならではの財産

二部(夜間部)2期生 飯田博巳さん

理学療法士はチーム医療を支えるスペシャリストとして、

医師や患者さまをはじめ、さまざまな人と関わることが

できる仕事です。

その奥深さと専門性にひかれ、私はこの道を選びました。

大学を出て働きながら中部リハの夜間部に通っていましたが、

学校の勉強に加えて、日中の職場の中で仕事の厳しさや

コミュニケーションスキルなどを学ぶこともでき、それが現在の

職場でもおおいに役立っています。

現在担当しているのは、スポーツによって肩や肘の関節に

問題を抱えている方や、呼吸が困難な方のリハビリです。

年齢も子供から高齢者まで広範囲にわたるため、それぞれの

コミュニケーションの取り方に配慮し、明るく、親切、丁寧そして

謙虚をモットーに仕事に取り組んでいます。

これからもっとレベルアップして、治療結果をより早く、確実に出せるようになりたいと思います。

▲ページトップへ