医療法人珪山会 中部リハビリテーション専門学校

理学療法学科について

臨床チームの即戦力となる知識・技術。人間性を総合的に学習

学内では臨床経験の豊富な講師による指導のもと実践重視の授業を展開。
講義と実習を効果的に組み合わせるカリキュラムで臨床スキルの高いスペシャリストを育てます。
生徒と教員の距離が近く、授業も実習も分かりやすいので、身に付くまでしっかりと学ぶことができます。

理学療法評価学

理学療法の第一歩が「評価」。
治療前後に患者さまの身体の状態を測定し、比較検討する方法を学び、効果的な治療計画に役立てます。

日常生活活動

身体に障害を持った患者さまが寝返りや起き上がり、立つ、歩くという動作を再獲得する手助けをします。

運動療法学

教科書やスライドによる講義だけでなく、様々な機器を使い筋力やバランスを測定する実習も行います。

運動学

ヒトの関節がどう動くのか、精巧に作られた骨の模型を使って勉強します。

解剖学

骨格、筋肉、神経など人間の身体の構造を学びます。
標本を用いて学習した後には、実際のヒトの体で確認します。

物理療法学

電気、熱、水、光などを利用した治療機器、マッサージなどによって、筋肉や神経に刺激を与え、運動機能の回復や痛みの緩和、リラクセーションを図る治療方法を学びます。

ページトップへ

中リハのすごい!ところ(特長)

学科紹介

学校生活(年間行事)

資格・就職について

入試情報

アクセスマップ

資料請求

MENU