医療法人珪山会 中部リハビリテーション専門学校

理学療法士とは

病気の後遺症やケガが原因で、身体が思い通りに動かせない患者さまの、ひとりひとりの状態や目標にあわせて、適切な方法で日常生活の復帰を手助けする、スペシャリストが理学療法士です。
主に、起き上がり、立ち上がり、歩行などの基本的な動作能力の回復をはかるため、物理療法や運動療法を行ったり、直接的に動作の練習を行ったりします。
病院や福祉施設のほかスポーツ分野など、幅広いフィールドでの活躍が期待されています。

※物理療法とは、温熱・電気などの物理的手段を利用して疾病を治療することです。

■理学療法士になるためには

理学療法士は国家資格です。

国家試験を受けるためには、高等学校卒業後、指定された教育機関で少なくとも3年間の教育を受けると、その教育機関の卒業と同時に国家試験の受験資格が得られます。
国家試験を受験し、合格すれば理学療法士となります。

■理学療法士の活躍の場

以前は圧倒的に大規模な総合病院で勤務する理学療法士が多かったです。
近年では高齢社会に伴う社会的な需要が拡大し、回復期の病院や外来を中心とした医院(クリニック)、さらには福祉分野(老人保健施設、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションなど)での活躍が期待されています。

■理学療法士のやりがい

なんといっても、体の不自由をかかえた方々との二人三脚ですから、喜びも悲しみも共に分かち合えることが、仕事のやりがいかと思います。

■理学療法士苦労

医学は常に進歩していきます。
専門職として医療や福祉の現場で働く限り、将来にわたって、知識や技術を学んでいく責任があります。
時には夜遅くまで勉強したり、休日にも最新の知識や技術を学ぶために出かけることもあります。

ページトップへ

中リハのすごい!ところ(特長)

学科紹介

学校生活(年間行事)

資格・就職について

入試情報

アクセスマップ

資料請求

MENU