学科紹介subject

HOME > 学科紹介 > 在校生・卒業生の声

在校生・卒業生の声

在校生の声

母体の病院が隣接、他の専門学校にはない魅力!

一部

平田 ゆりあさん

中部リハビリテーション専門学校で学ぼう、また理学療法士を目指そうと思ったきっかけは?
小さい頃からよくケガをしていましたが、高校の部活でバドミントンをしていて脛を傷めたときに、身体のメンテナンスやケアの大切さを知りました。その頃から進路先として、理学療法士を目指そうと思うようになりました。同じ高校から1年前にも中リハに進学した先輩がいると聞き、安心していました。また、オープンキャンパスにも高校2年生・3年生のときに続けて参加して、学校の雰囲気が自分に合っているような気もしました。オープンキャンパスでの説明も良かったので、この学校だけを受験しました。
現在の生活スタイルや学校生活など
昼間部は高校からの現役生が多いのですが、年長の同級生も含めて、和気あいあいと楽しくやれています。他のクラスメイトがしっかり勉強しているので、私も頑張らなくてはと思います。
これから入学を考えている人たちへ、実際に学んでみての学校生活の感想
入学当初は聞いたことのない新しい言葉ばかりで戸惑いがありましたが、少しずつ分かってくると、「もっと知りたい!」と思うようになりました。私はこの学校のオープンキャンパスで卒業率の高さを初めて知ったので、皆さんも情報をしっかりと集めることを勧めます。

働きながら学べて、授業も一日2コマで余裕があります!

二部

富永 健太さん

中部リハビリテーション専門学校で学ぼう、また理学療法士を目指そうと思ったきっかけは?
小学3年生から高校3年生まで野球を続けていましたが、自分自身やチームメイトのケガがきっかけで、身体の仕組みやケガの予防に興味を持ちました。中リハには夜間部があって、系列の病院で働きながら職員寮に入って、経済的に自立しながら理学療法士を目指すことができるところに魅力を感じました。オープンキャンパスに参加したときの雰囲気も良く、ここで間違いないと思って志望しました。
現在の生活スタイルや学校生活など
鵜飼リハビリテーション病院で夕方まで働いています。クラスメイトも同じ病院で複数働いていますので、不安はありません。慣れるまでは仕事と勉強の両立は大変でしたけど、毎日欠かさず復習もできるようになりました。
これから入学を考えている人たちへのメッセージ
高校を卒業してすぐに仕事と勉強の両立は大変だなぁと思っている人が多いと思いますけど、高校からの現役学生が想像していたよりも多く、ちゃんと自立して継続できている人が多いです。系列の病院以外で働いている人もいますが、職種は色々です。学費を自分で負担してゆったり勉強したい人には、夜間部がお勧めです。

卒業生の声

実習に集中できる環境は、中リハならでは

一部23期生

中谷 努さん

医療法人白山会
白山リハビリテーション病院勤務

「障がいを持った方々が再び自宅に戻るためのサポートをしたい」という想いから理学療法士を目指し、中リハに入学しました。働き始めて思ったことは、各疾患による違いはもちろんのこと、同じ疾患でも各対象者によって様々な違いがあるということです。様々な違いを持った対象者の方と向き合うためには、生活習慣を把握することはもちろんのこと、やはり専門家として疾患を理解して実践に繋げることが大切だと思います。
そういった意味でも、学生時代の実習の意義は大きいと思います。中リハには長い歴史があるので、実習施設が充実しています。実習先には必ず卒業生がいましたので、緊張の中にも安心感が生まれ、そのことが助けになりました。そういう環境で様々な疾患を経験する機会を持てたことは、今でも確実に活きています。

日中の職場で得た経験は、夜間部ならではの財産

二部2期生

飯田 博己さん

愛知医科大学病院勤務

理学療法士はチーム医療を支えるスペシャリストとして、医師や患者様をはじめ、様々な人と関わることができる仕事です。
その高潔さと専門性に惹かれ、私はこの仕事を選びました。
大学を卒業して働きながら、中リハの二部に通っていましたが、学校の勉強に加えて、日中の仕事の中での厳しさやコミュニケーションスキルなどを学ぶこともでき、それが現在の職場でも大いに役立っています。
現在担当しているのは、スポーツによって肩や肘の関節に問題を抱えている方や、呼吸が困難な方のリハビリです。年齢も子どもから高齢者まで広範囲にわたるため、それぞれのコミュニケーションの取り方に配慮し、明るく、親切に、丁寧に、そして謙虚をモットーに仕事に取り組んでいます。
これからもっとレベルアップして、治療結果をより早く、確実に出せるようになりたいと思います。